有水式ガスホルダー

有水式ガスホルダーは、水槽に浮かぶガス槽にガスを貯蔵する設備で、低圧ガスの貯蔵設備として 広く用いられています。作動原理としては、ガス出入管からガスホルダー内部にガスが流入すればガス槽が順次上昇し、払い出せば下降します。ガス槽同士の継ぎ目はカップ形状となっており、カップ内に溜まった水によってガス漏れを封じます。
右図の【上昇】【下降】ボタンを押してアニメーションでご確認ください。

当社は、創設当初の大正12年に第1号の有水式ガスホルダーを建設して以来、現在に至るまで国内外に多数の実績を有しております。豊富な経験と技術力を持つ数少ないメーカーであると自負しております。以下に当社が建設した有水式ガスホルダーの一例を示します。


有水式ガスホルダーの動き
Adobe Flash Player を取得


有水式ガスホルダー(BFG)
仕様
型式 3槽水封式
内容物 BFG
容量 61,000㎥
水槽サイズ φ52,000 mm ×
11,650 mm

有水式ガスホルダー(MガスorLDガス)
仕様
型式 3槽水封式
内容物 MガスorLDガス
容量 15,000㎥
水槽サイズ φ29,000 mm ×
9,100 mm

有水式ガスホルダー(都市ガス)
仕様
型式 単槽有柱水封式
内容物 都市ガス
容量 200㎥
水槽サイズ φ7,700 mm ×
6,000 mm

有水式ガスホルダーのメンテナンス


有水式ガスホルダーのメンテナンスについて以下のページにてご紹介いたしております。